利用規約

当方が提供する指導などのサービス(以下「本サービス」)の利用者が本サービスを利用するにあたり、以下の利用規約(以下「本規約」)を定めます。利用者は、本規約を確認し全ての条項に同意した上で、本サービスを利用する必要があります。

第1条(目的)

本規約は、レッスンの内容、受講条件、確認事項、注意事項等について定めるものです。本規約は、本サービスの利用に当たっての当方と利用者との契約として、これを申し込み、受講するすべての者に適用されます。

第2条(契約
  1. 規約への同意
    当方が利用者の支払いを確認した時点で、本規約に同意したものとします。無料の添削体験では、音声のアップロードをもって本規約に同意したものとします。
  2. 契約の成立
    本規約への同意をもって、本サービスへの契約が成立するものとします(以下「本契約」)。
  3. 契約の終了
    サービスの提供(オンラインレッスンの完了もしくは発音添削のフィードバック完了)をもって、契約が終了(契約期間が終了)するものとします。
  4. 質問
    ①契約期間中は、無制限に質問ができます。
    ②当方が回答に時間がかかると判断した質問は、レッスン内で扱うものとします。
    ③当方は、利用者の質問には48時間以内に回答するよう努めます。
第3条(本サービスの内容
  1. サービスの種類
    発音添削およびオンラインレッスン
  2. オンラインレッスンの時間
    1回につき30分単位で予約が可能です。
  3. レッスンの録画共有
    当方がレッスンを撮影し、共有することができます(レッスンの長さに関わらず1回につき1000円)。
  4. 発音添削体験
    テキストフィードバックによる無料の添削を1回に限り行います。ただし、利用者が読む教材は当方が指定するものとし、希望教材がある場合は通常料金が発生します。
  5. 本サービスを受けるために必要な機器やインターネット環境等については利用者が準備するものとします。
第4条(料金等)
  1. 支払い方法
    当方が定める方法で支払うものとします。
  2. 料金
    当ホームページに従うものとします。
  3. 指定教材
    当方が所有していない教材を使用する場合、教材費は利用者が負担するものとします。
  4. 返金
    振込後の返金は原則致しかねます。
第6条(予約の変更、キャンセル
  1. レッスンの日時の変更を希望する場合、前日の午後5時までに連絡があれば、振替を行います。
  2. 利用者がレッスン開始時間に遅れた場合、当方は10分間待機します。それを過ぎた場合はそのレッスンは消化されたものとします。
  3. 利用者のシステム障害などによりレッスンが出来なかった場合は、そのレッスンは消化されたものとします。
  4. 当方による原因でレッスンができなかった場合、振替レッスンを行います。
第7条(免責事項)
  1. 当方の責に起因しない本サービスの不履行について、当方は一切責任を負いません。
    例:利用者のシステムトラブル、プロバイダ、インターネット、コンピュータウイルス、停電、天災による影響など
  2. 当方が定める手順・セキュリティ手段等を利用者が遵守しないことに起因して発生した損害についても当方は一切責任を負いません。
  3. 当方が、故意または重大な過失に基づき損害賠償責任を負担する場合、その賠償額は対象となる契約によって生じた金額を上限とします。
第8条(不保証)

当方は、情報の正確性に注意し、誠意を持ってサービスを提供しますが、その効果、完全な正確性を保証いたしません。

第9条(撮影等)

私的利用に限り、レッスンの撮影および録音ができます。

第10条(知的財産権
  1. サービスで使用する、音声、教材、ならびに商標、文章、デザイン、画像、映像、データ、コンピュータ・プログラム、その他のコンテンツに係る著作物・著作権、その他の知的財産権を含む一切の権利・利益、物、情報、コンテンツは、すべて当方または当方の指定する権利者に帰属し、特許法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法等の法令により保護されています。
  2. 利用者は、前項に定める権利・利益、物、情報、コンテンツを、本サービスの利用に限って使用するものとし、私的利用を除き、サービス利用以外の目的・用途で使用してはなりません。
第11条(個人情報)

個人情報の保護と開示については、当ページ掲載のプライバシーポリシーに従います。

第12条契約の解除
  1. 利用者は、当方がその責に帰すべき事由により本契約上の義務を履行しない場合、当方に相当の期間を定めて書面による催告を行い、なお履行がないときには、本契約を解除することができます。
  2. 前項に基づき契約が解除された場合、当方は速やかに本サービスの利用料を全額返還するものとします。
  3. 当方は、利用者に次の各号に掲げる事由のいずれかが生じたときには、何ら催告することなく直ちに本契約を解除することができるものとします。
    ①本規約に違反した場合
    ②虚偽の報告をした場合
    ③本サービスを妨害した場合
    ④法律、法令に違反する行為があった場合
    ⑤当方の著作権を侵害した場合
    ⑥本規約第13条(反社会的勢力の排除)に違反した場合
    ⑦その他、前各号に準ずる事由があり、当方が本サービスを継続することが困難となった場合
第13条(反社会的勢力の排除)
  1. 当方及び利用者は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約します。
    ①自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと。
    ②自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと。
    ③反社会的勢力に自己の名義を利用させ、この契約を締結するものでないこと。
    ④契約の継続中、自らまたは第三者を利用して、次の行為を行わないこと。
    ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
    イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
  2. 当方または利用者の一方について、次のいずれかに該当した場合には、その相手方は、何らの催告を要せずして、契約を解除することができるものとします。
    ア 前項①又は②の確約に反する申告をしたことが判明した場合
    イ 前項③の確約に反し契約をしたことが判明した場合
    ウ 前項④の確約に反した行為をした場合
  3. 前項の規定により契約が解除された場合には、解除された者は、その相手方に対し、違約金(損害賠償額の予定)として、本契約を結ぶにあたって利用者が支払った代金の全額を支払うものとします。
第14条(細則等)
  1. 適宜、規約の内容を変更する場合があります。
  2. 契約書等、本規約とは別に個別の定めがある場合は、個別の定めが優先されるものとします。
第15条(紛争
  1. 本契約に関する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  2. 本規約の準拠法は日本法とします。

(全15条)

改訂日:2024年4月1日
改定日:2024年5月25日

以上